金銭トラブル 相談

金銭トラブルを相談できる人の探し方

身近な人との金銭トラブル、解決までに時間もお金もかかります。
最近では金銭トラブルが原因の事件も増えているので、直接対決は避けたいと思いませんか?

 

貸した相手との関係や貸した金額にもよりますが、絶対に取り戻したいし泣き寝入りしたくないなら法律の専門家に相談してみませんか?

 

金銭トラブル 相談

 

法律の相談かと言えば、弁護士や司法書士などがいますが、なかなか知り合う機会はありません。
インターネットで探すと弁護士などの情報はたくさん出ますが、自分の希望に合った人なのかどうかは連絡するまでわからないのが現状です。

 

そこで「自分が住んでいる地域に近くて、金銭トラブルに詳しいベテラン弁護士を探したい」など細かい要望に合った法律家を探してくれるこちらがオススメです。

 

やはり何度も相談に乗ってもらうなら、近くで開業している弁護士などが安心ですね。
金銭トラブルはもちろん、離婚問題、相続問題、ご近所トラブルなど弁護士に相談したい事案が増えています。

 

病気になるとかかりつけの医者がいますが、何かあったときに相談できるかかりつけ弁護士というのはあまりいませんね。
でも、いざという時に法律のことを相談できる弁護士や司法書士の知り合いを作っておくことは大切です。

 

 

借金の問題には、借金解決シミュレーションがオススメです。
※ただし、こちらは個人間の貸し借りには対応していません。
個人間のトラブルは後から説明します。

 

借金 返済 弁護士

 

 

 

 

相続金銭トラブル

 

友人家族などとの借金のやりとりについては、個人間の金銭トラブルとなり、一般的なところでは対応してもらえません。
個人間の金銭トラブルには、貸した借りてないなどの返済のいざこざが多く、近くで対応できる専門家が必要ですね。

 

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

2018/07/19 14:58:19 |
勉強は贅沢だと言います。なぜならお金がないと進学出来ないからです。大学に行くには入学金や授業料がかかります。国立大学でも入学金が約28万円、授業料が54万円かかります。私立大学は入学金が約25万円、授業料が75万円〜150万円かかります。授業料は毎年かかりますので、4年で卒業できればいいですが留年するとさらに多くの金額が必要になります。これらを一括で払える余裕がある人は少ないので、教育ローンや奨学金を借りて払うことになります。当然ですが、教育ローンも奨学金も返済義務のあるお金、つまり借金です。将来稼ぐ費用から前借りして勉強するのです。なんとなく進学したい、まだ就職したくないから大学に行くという...
2018/06/15 13:17:15 |
便利なカードにはいくつか種類があります。キャッシュカード・クレジットカード・キャッシングカード・デビッドカード・・・どれも便利なカードですが、違いを理解して利用しないと大変なことになります。・キャッシュカードは銀行口座から現金を引き出すためのカードですね。多くの方が利用しているのでご存知かと思います。・クレジットカードは買い物をするときに現金を立替てもらうためのカードで、クレジットカードで購入したものは借金して買ったことになります。分割払いにすると支払い手数料がかかります。・キャッシングカードは現金が必要なときに直接現金を借りることのできるカードです。キャッシュカードと名前は似ていますが、全然...
2018/03/30 00:51:30 |
クレジットカードは便利な魔法のカード。ではなく、きちんと管理しなければ悪魔のカードに変わってしまいます。クレジットカードで買い物をして、返済方法を選ぶ際に一番良いのは一括払いです。しかし金額が高い場合は泣く泣く分割払いにするかと思います。これはまだ良いです。問題なのはリボ払いです。リボ払いは毎月決められた額だけ返済していく返済方法なので、一見すると楽なのです。しかしその実態は、下手をすると借金が膨らんでいく形になるのです。クレジットカードでの買い物を毎月行う人は返済額が増えるのが普通ですが、リボ払いは返済額は一定です。ということは借金を返しているようで返せていないという状況なのです。長期間返済...
2018/01/08 14:32:08 |
借金の形は現金にとどまらず、カード払いやスマホゲームの課金など多様化しています。現金のやり取りがない分、簡単に出来てしまうので若い人達も抵抗が少ないようです。しかし現実は厳しく、支払いの請求書が届いてから事の重大性を感じるのです。数千円なら何とかできるかもしれませんが、数万円となるときつくなります。携帯ゲームの課金は1回1回は少額ですから、ついつい気が大きくなったりだんだん課金することに慣れてしまうのです。ゲームの課金が30万円を超えて親に怒られるのが嫌で家出をした社会人もいるほどです。スマホゲームの課金も借金です。慎重に行いましょう。お子さんがお父さんのカードで課金をしていて1カ月後にその事...
2016/04/11 12:51:11 |
ブラックリストと言うものは存在しません。ブラックリストとは、貸金業者が利用する信用情報機関に登録された情報のことです。自己破産や個人再生などの債務整理を行った場合に事故案件として記録が残ります。自己破産をするとブラックリストのほかに官報に掲載されます。この官報の情報を見て、街金業者や闇金業者などが「ブラックでも融資をしますよ!」という電話やメールを送ってきます。どうしてもお金が必要な人はこんな誘いに飛びついてしまいます。1万円だけだから、すぐに返せるからなどと借りたが最後、街金は高金利・闇金は法外な金利がついて返せなくなるのです。お金がなくても、少額でも、街金や闇金でお金を借りてはいけません。...